目の下のたるみの効果的な解消法は?

目の下にたるみがある・・・と気づいたときには、もう老け顔ははじまっています。

目はその人のエネルギーの度合いを表します。目がイキイキと輝いている人は見た目も若く元気です。しかしその目の下がたるんでいては、一気に見た目の活力は下がり、10歳は老けて見えてしまいます。

たるみを気にする女性

また目の下のたるみはメイクでカバーしたとしても影ができてしまってなかなか隠せません。そしてそのまま放置してしまっては、たるみが定着するか、さらにたるみが進行してしまいますよ。

もし鏡を見て目の下のたるみの存在に気づいたら、即、改善に取り組みましょう。気づいたときがはじめるときです。

そこで目の下のたるみを解消する効果的な方法をお伝えしようと思います。

目の下のたるみの原因は?

そもそも目の下のたるみは、何がたるんでいるのでしょうか?

それは、皮膚と筋肉です。顔の皮膚がたるみ顔の筋肉が衰えてたるみ、その結果、眼球の周りの脂肪が目の下に突出し、まさに「だらん」とたるんでしまうのです。

以下に目の下のたるみにつながる要素を記しました。

  • 30代を超えている
  • だいだい夜更かしをする
  • 紫外線対策は手抜きぎみ
  • とくに強めにアイメイクをしている
  • パソコンやスマホを長時間、または頻繁に見る
  • 姿勢が猫背でうつむきがち
  • 肩や首のコリが強い
  • 乾燥肌
  • デスクワークが多かったり、よく本を読む
  • 顔はむくみがち

これらの要素がいくつも習慣になっている人は、目の下のたるみがこれからさらに進行していくと言えるでしょう。

ではここから、目の下のたるみを解消するには、どんな方法があるのかを紹介します。

表情筋エクササイズで目の下のたるみ解消

目の下のたるみを解消する方法として、表情筋エクササイズがあげられます。

とくにその表情筋の中の眼輪筋をよく使い鍛えることです。

眼輪筋とは目の周りをドーナツのようにくるっと囲んでいる顔の筋肉です。皮膚とつながっていますから、この眼輪筋の動きが目の周りの表情を作ります。普段から顔の表情が豊かな人は、この眼輪筋もよく動いていて、弱まりにくいと言えるでしょう。

しかし日本人は欧米人等と比べると、感情表現やリアクションを表情で表す程度が少ないかもしれませんね。その分、眼輪筋を意識的に使うことがたるみ解消には必要ですよ。

またこの眼輪筋は、どうしても年齢と共に衰えやすく、ある程度は鍛えないとたるみが進行してしまいます。まぶたがたるんで落ちてきたりくぼんででくるのも眼輪筋の活動が少ないためです。

目の下のたるみ解消には、表情筋そして眼輪筋のエクササイズが効果的です。

マッサージで目の下のたるみ解消

目の下のたるみを解消するには、マッサージも効果的です。

そのたるみが発生する原因のひとつとしては、目の周りの血液やリンパ液の循環が滞ることがあげられます。

例えば目の周りがあまり動かずに、スマホやパソコン画面を長時間見つめる等の行為は、目の周りの循環不良を招くと言えますね。

フェイシャルケアを楽しむ女性

ただ、マッサージだからと言って、そのたるみ部分をグイグイと強く押すことは逆効果です。それは目の周りの皮膚や筋肉は、顔の中で最も薄い部分であり、それだけデリケートなのです。無理に押すことは皮膚や筋肉を傷つけてしまいますので、やさしく行うことが重要です。

そして目の周りの皮膚と筋肉は、顔全体とつながっています。目の下のたるみ解消のためには、まずある程度顔全体をマッサージして循環を良くましょう。

その上で目のまわりにアプローチすることがよりたるみ解消の効果を上げますよ。

目の下のたるみ解消のツボはココ!

目の下のたるみはツボ押しで解消しましょう。

ツボ押しはおそらく聞いたことはあると思いますが、なぜツボが目の下のたるみやその他の体の健康に有効なのか知っていますか?

まずツボは、東洋医学では体の中を巡るエネルギーの通り道であるという考え方をします。エネルギーとは、いわゆる「気」の流れです。その流れの通り道の途中で、とくに滞りが発生しやすい場所をツボと呼んでいます。

ですから、このツボに刺激が入り流れが良くなると「気」の流れが良くなるということなのですね。それは血液やリンパ液の循環も回復させ、老廃物や余分な水分も排出することになるのです。

したがって目の下に関係するツボを刺激することで、それがたるみ解消につながるというわけです。

目の下のたるみに日々のスキンケアは重要

目の下のたるみ解消には、日頃のスキンケアは欠かせません。

それは、生活環境の中にはどうしても目の下をたるませてしまう以下のような原因があるからです。

  • 加齢
  • 紫外線
  • 乾燥

ひとつは「加齢」です。もちろん個人差はありますが、目の周りは20代後半から衰え始める人もいます。加齢により肌のハリや弾力は弱まりますが、それでもスキンケア次第で肌年齢を若く保ちやすくすることはできます。

また「紫外線」も目の下のたるみを作りやすくします。目のまわりの皮膚をささえて保持しているのはコラーゲンですが、紫外線はそのコラーゲンを破壊してしまうのです。若い頃にスキンケアが十分でない状態で日焼け等を頻繁にしていた人も要注意ですよ。

さらに肌の「乾燥」も、それを放っておくと皮膚のハリは低下し、目の下はたるみやすくなります。年齢と共にも保湿力は弱まりますから、それだけお手入れが大事なのです。

このように年齢や外部からの刺激で目の下はたるみやすくなりますから、常日頃のスキンケアでそれを食い止めることが大切です。

美顔器で目の下のたるみを解消

目の下のたるみを解消するために、美顔器を使うのも有効です。

美顔器とは、家庭でフェイシャルケアを行う機械のことですね。おおよそは、電流・振動・熱・光等の刺激で、顔の皮膚や肌を整えるものです。その商品によって違いはありますが、レーザー機能やイオン導入といった機能が備わっていたりします。

話題になった美顔器

たいがいは、美顔器と一緒に専用のジェル等を使用するものが多いでしょう。それによって肌や皮膚を美しく健康に保つ効果がさらに期待できます。

たいていの美顔器は持ち歩きができて、使い方も簡単です。顔全体もケアできますし、もちろん目の下のたるみ解消のために使っている人も多いです。

ケアをしている実感を持ちやすいためか一度使ったら手放せなくなりやすいです。

目の下のたるみにはサプリを活用

サプリメントも目の下のたるみの解消に役立てましょう。

目の下のたるみというと、まずはスキンケア等で肌や皮膚の外側のケアに意識がいくかもしれません。それももちろん重要なことですが、それとは別に、内側からの栄養補給によるたるみ解消も考慮してください。

肌や皮膚のハリや健康を保つには、そのための栄養が必要です。しかし普段の食事からは、十分にその栄養が摂れないこともままあります。

かといって食材を増やしてたくさん食べるのは難しい・・・。ですからその栄養補助としてサプリメントを有効活用しましょう。

肌や皮膚を内側から健康にしハリを出して、目の下のたるみ解消に向かいましょう。

目の下のたるみはエステでも解消できる?

目の下のたるみを解消するためにエステを活用するのもよいでしょう。

エステではハンドマッサージや専用の機器を用いて、顔のリフトアップのための施術を行います。

もちろんそこには目の下のたるみに対応したやり方があります。「いろいろ試してはいるけれど自分ではなかなか・・・」という人はプロにお任せしてみてはいかがですか?

施術を受ける女性

ただ、「エステ」と聞いただけですごくハードルが高く感じる人もいるかもしれません。でも今は「エステ」とは言っても、とても気軽に受けられるメニューもあるのです。

もしエステに馴染みがなくて不安があるようでしたら、まずは無料カウンセリングがあるサロンに行っていろいろと相談をしてみることです。施術方法、費用、通う頻度等々、わからないことを何でも聞いてみてください。

不明点がクリアになれば、あとは目の下のたるみ解消のためにエステを最大限有効活用してくださいね。

美容クリニックでも目の下のたるみは変わる

目の下のたるみは美容クリニックでも治療できます。

たるみ解消のために、専門医師により外科的な治療を行うわけです。目の下のたるみをなくしたいために、もう手術しかないと思われたら、まずはリサーチしてください。効果はどうなのか、何日か休みが必要なのか、費用はどのくらいなのか・・・。

実際の美容クリニックでは、目の下のたるみの施術はそれぞれの場所で方法もさまざまです。

程度によってはとても短時間で済むものもあるでしょう。ですから、治療のメリット・デメリットをよく相談・検討し、納得の上で検討してくださいね。

いずれにしても美容クリニックでの施術は、短期間で結果を得られることろが一番の特徴です。どうしても目の下のたるみをすぐに解消したければ、クリニックのリサーチを即開始ですよ。

あなたができる方法を即実践!

目の下のたるみの効果的な解消法をお伝えしました。

各方法は、美容クリニックを除けば、可能なものは複数実践した方が高い効果は得られますよ。

目の下のたるみは、その人の普段の生活習慣によるものが大きく影響します。ですからサプリを飲むだけ、美顔器だけ等ではなく、できることを増やしていきましょう。

もし「あれっ?」と思って目の下のたるみに気づいたなら、即対処しましょう。

たるみ解消に努めて、見た目年齢プラス10歳をマイナス10歳にチェンジしましょうね。

テキストのコピーはできません。